浴室タイルのひび割れは怖い|風呂や水廻りは直ぐに修理や補修が必要

浴室タイルのひび割れは怖いので業者にご依頼を

こんにちは、リフォ丸です。

毎日の疲れを癒してくれるお風呂。

格別ですよね。

 

でも、お風呂に入っている時にこんな事を発見して、どうすれば良いのか迷った時はありませんか?

 

例えば、タイルのひび割れ

 

水やお湯が入っていってたのかと思うと、怖くなってきませんか?

では、このタイルに入ったひび割れと言うのは、どの様に対処していけば良いのでしょうか?

 

答えからお話しすると、すぐに業者さんに相談!になります。

勿論、補修の工事を依頼するかは別としてですが、とりあえず、すぐに業者さんに相談!。

これが正しい答えになります。

 

「ひび割れだったら、自分でコーキング出来るよ~」

そうお思いの方もいらっしゃると思いますが、まずは聞いて下さい。

 

浴室のタイルのひび割れは、一歩間違うと、とても怖い目にあう可能性があります。

 

では、ご説明していきます。

 

 

浴室タイルのひび割れは放置すると怖い事に

お知り合いやお友達、そして週刊誌などで、こんな話を聞いた事はありませんか?

 

「朝起きたら、お風呂場が羽アリだらけで、気持ち悪かった」

「お風呂場を解体したら、シロアリがウヨウヨ出てきた」

 

実はこれ、どこの家でも起こり得る話なんです。

しかも、割と普通に。

 

まずひび割れが見つかった時点で、既に以前から水やお湯などの水分が侵入していた、と言う事になります。

そしていつから侵入していたか?と言うのは、まず誰も分からない訳です。

 

一週間前から…、半年前から…、1年前から…

 

水漏れしていた期間は、その家によって様々だとは思いますが、問題はその水漏れしていくその先には、土台や柱などの住宅を支えてくれている構造体の木の骨組みがあると言う事です。

 

しかも湿った薄暗い空間の中で、湿気を帯びた木材を格好の餌としている生物がいます。

 

それが、シロアリです。

 

ちなみにこのシロアリという生物は、アリですので、地中の中を移動して歩く訳です。

例えば、全然シロアリがいなかった家なのに、隣の家がシロアリの被害を受けたと言う事があったりすると、地中の中を移動して、自分の家に住み着くと言う事も、普通に考えられる訳です。

 

そして一度、湿りを帯びた木材を見つけたシロアリは、その木材を離しません。

食べれるところがもうない、と言うところまで食べつくして、柱や土台の内部をスカスカにしてしまいます。

 

つまり、浴室に於けるタイルのひび割れは、シロアリの餌場を更に美味しい餌場に変えてしまうと言う、非常に怖い現象なのです。

 

被害はシロアリだけではありません。

そもそも、木材と言うのは、水分などの湿気に非常に弱い性質です。

浴室の場合は、ひび割れから入っていった水やお湯が、そのまますぐ下に位置する土台や柱に流れていくと言う事になります。

 

そして一度水分を帯びた土台や柱は、すぐに乾かす事は出来ません。

結果、浴室のすぐ真下の薄暗い空間の中で、腐食していく訳です。

 

ある日、突然気が付いたタイルのひび割れですが、家族でお風呂に入る度に、水やお湯が侵入していく事になり、初めは小さなひび割れだったものが、放置する事によって、シロアリの被害や木材の腐食などの、二次災害や三次災害に発展していく可能性があるとても怖い現象と言う訳です。

 

 

確認方法有!浴室タイルのひび割れは怖いがこれで解消

浴室のタイルのひび割れは、怖いものなんだと言う事は、ご理解いただけたと思います。

しかしタイルにひび割れが生じても、すぐに水漏れが始まると言う訳ではありません。

 

通常、タイルの下には下地があります。

タイルだけがひび割れたのであれば、この下地によって水分は止まり、それ以上先の土台や柱などの木材には到達しません。

稀にタイルも下地も一緒にひび割れが生じる事もありますが、この場合は地震などの外的圧力が加わった時などの稀な場合です。

殆どの場合、タイルが先にひび割れを起こし、そしてその下の下地がひび割れるまでは、更に時間を要する訳です。

 

と言う事は、下地の上に張り付いている、タイルの異常を感じ取る事が出来れば、下地までひび割れて、水漏れなどの症状に悩む確率も少なくなっていくと言う訳です。

そこで、タイルの異常を発見するやり方をご説明します。

 

浴室タイルのひび割れはこう見抜く

浴室タイルの異常を調べる時は、軽く握ったこぶしの甲の部分で、浴室タイルをコツコツと軽く叩いてみて下さい。

この叩いた時に、何となく空洞になっている様な違和感や、周囲と比べて何となくぼんやりとした音を感じる箇所がある場合は、タイルが浮いている可能性があります。

 

この違和感を感じる箇所がある時は、タイルにひび割れが生じていなくても、出来るだけ早めに専門業者さんの方から調べてもらう必要がある、と言う事を覚えておいて下さい。

 

その他、タイル同士の継ぎ目にも気を付けなければなりません。

もしタイルとタイルの間にある継ぎ目で、剥離してしまっている箇所などが見受けられる場合は、一度専門業者さんの方にご相談される事をお勧めします。

 

 

他に注意する点|浴室タイルのひび割れを見て怖い時

ここまで、浴室タイルのひび割れに注目してお話ししてきましたが、注意をして見てほしい箇所がもう一か所あります。

それは浴室の隣の洗面室です。

 

浴室と同じで、洗面室も同じ水廻りです。

大概の場合、水漏れの発生源は浴室の場合が殆どですが、稀に洗面室から何かかしらの異常で水漏れが発生して、それが原因で浴室下の土台や柱などの木材が影響を受けてしまう事があります。

浴室のタイルと同様に、洗面室では床の上を歩いた時に、ブヨブヨした感触のある個所がある場合、またその他に、歩いた時にギシギシと言う音がする場合も、一度専門業者さんの方から、床下に異常がないかを点検してもらう事をお勧めします。

 

 

以上、ここまで、浴室タイルのひび割れは怖い、と言う事でお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

まとめると下記4点。

 

・浴室タイルのひび割れを発見した時は、とりあえずすぐに専門業者さんへ相談する

・タイルを叩いてみて、空洞になっている感じの箇所がある様だったら、すぐに専門業者さんへ相談する

・タイル同士の継ぎ目の剥離などの異常を確認した時も、業者さんへ出来るだけ早めに相談する

・浴室だけでなく、洗面室の床にも異常を感じたら、すぐに専門業者さんへ相談する

 

上記の事を頭の隅に置いていただいて、水漏れが原因で、二次被害や三次被害などの怖い事に発展しない様に気を付けて下さいね!

 

 

他の記事も読んでみて下さいね!

 

浴室タイルの水漏れは危険!修理や補修ではなくすぐに業者へ相談を

 

雪止めは関東で必要か?落雪や雪害の危険を知り早めの取り付けを!