屋根に異常が出たら怖い|女の一人暮らしでも塗装でトタンを守る

こんにちは、リフォ丸です。

最近のニュースを見ていると、本当に異常気象と呼ばれるものが多くなってきた様に感じます。

その様な中で、強い風が吹いた時、「屋根…大丈夫だろうか?」などと頭をよぎったりする人もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでこちらのページでは、雨や雪、そして風などから住宅の内部を守ってくれる屋根にスポットをあてて、もし、自分の家の屋根に、何らかの負荷がかかったとしても耐えられる様にする為の対策をお話ししていきます。

 

 

屋根の異常は何が起こるか分からないから怖い

屋根の異常と言うと、一番初めに思い浮かぶのが、雨漏りだと思います。

そしてこの雨漏りが起きる原因をあげていくと、下記の様な事が考えられると思います。

 

①屋根の劣化により穴が開いた

②台風などの強い風で屋根が吹き飛んだ

③大雪で屋根がつぶれた

 

①の屋根の劣化については、普段からのメンテナンスによって、事前に対策を練る事も出来ると思いますが、②と③については二つとも自然現象によって起こる要因になってくるので、致し方のない様に感じるところもあると思います。

しかし、②と③の様な致し方のない状況でも、普段から自分の家の屋根の状態を把握して、きちんとメンテナンスを行っていく事によって、屋根の健康状態が保たれ、同じ自然の災害に見舞われたとしても、被害に合ってしまう場合と、全く無傷の場合とに分かれると思います。

 

例えば、同じ築15年の住宅だったとしても、片方の家の屋根は10年目で一度屋根塗装のメンテナンスを行っていて、今年2回目のメンテナンスを計画しているのに対し、もう片方の住宅の屋根は、家を建ててからまだ一度もメンテナンスを行った事がなく、15年目を迎えた今年、そろそろ何かした方が良いのでは?と思い始めてきたと言う2つの家があったとします。

この2つの家では、同じ15年前に建てた住宅同士でも、何かの自然災害が発生したとしても、あきらかに前者の住宅の屋根の方が健康状態も良好ですし、自然災害により、何かしらの負荷がかかったとしても、耐えられる可能性があると言う訳です。

 

人間の様に、体調が悪くなったら言葉で伝えてくれると良いのですが、そう言うわけにはいきません。

しかし、様々な要素を観察する事によって、メンテナンスの時期が来た、と言うのを察知する事は出来ます。

 

時折、テレビなどで見る、自然災害などの被害で、屋根が剥がれてしまっている家の映像。

あの様な光景を見ると、怖い、と感じる方もいると思いますが、そうならない為にも、しっかりと自分の家の屋根の状況を把握して、きちんと定期的なメンテナンスを行っていく事が大事になってくる訳です。

 

 

手始めに屋根の異常を心配しなくても良い様に点検依頼を

屋根の健康状態を知る為には、まず点検を行う事です。

しかし屋根の様な高いところに、不慣れな人が上っていくと言うのは危険が伴いますので、この場合は業者さんに依頼されるのが望ましいです。

殆どの場合、住宅を建築された業者さんに相談すると、すぐに点検に来ていただけると思いますが、中には住宅を建築した業者さんとは疎遠になっている人も多いと思います。

この場合はどこかお近くで、適当な業者さんを見つけて依頼される事になると思いますので、いくらか実費を伴う事も考えられます。

しかし、実費と言ってもこの場合、おそらく1万円前後くらいで済むと思いますので、自分の家の屋根の健康状態を把握する為と前向きに考えて、行ってもらう様にしましょう。

 

そして点検を行う周期ですが、勿論、毎年行っていくと少しの異常でもすぐに対処する事が出来ますので、非常に良い訳ですが、中々毎年と言う訳にはいかないと思います。

目安としては、屋根塗装の塗り替えの周期で最も多い、3年から5年前後くらいのペースで点検を行ってくのが良いと思います。

そうすれば、もし屋根に対して何かの異常が見つかったとしても、すぐに修理などの対応も出来ると思いますし、その機会に屋根塗装と言う定期的なメンテナンスも行う事が出来ると思います。

 

人間の体と同じですが、心配解消の為の手始めに、まずは定期的な点検を!と言う事を覚えておきましょう。

 

 

屋根の異常の心配解消の為に定期的な塗装メンテナンスを

では、屋根について、大きな異常などの心配をしなくても良い様にする為には、どの様にすれば良いかと言うと、屋根塗装などの定期的なメンテナンスを行っていく、と言う事になります。

そしてその最初のメンテナンスの時期と言うのは、殆どの住宅で建築後の10年後にやって来ます。

 

屋根と言うのは大きく分けて、下記の3つのパターンがあります。

 

・ガルバリウム鋼板の板金屋根

・スレート板の屋根(コロニアル等)

・ステンレス板金の屋根

・瓦屋根

 

ステンレス板金屋根と瓦屋根に関しては、基本的に屋根塗装などのメンテナンスは必要がない屋根になります。

ガルバリウム鋼板の板金屋根とスレート板の屋根については、建築当初の頃は焼付塗装が施されていて、屋根素材が焼付塗装の塗膜によって保護されている状態です。

しかし、この焼付塗装の塗膜と言うのも一生物ではなくて、常に雨風にさらされながら歳月を経過する事によって、およそ10年を目途に劣化していきます。

そこで、この劣化して焼付塗装の塗膜が限界に達する10年と言う時期を目途に、初回のメンテナンスを行っていくのが良いとされています。

 

さらにその後は、屋根塗装などのメンテナンスで施された塗装の塗膜も、風雨にさらされる事によって、施工された瞬間から劣化が始まっていきます。

屋根塗装の塗料の耐用年数については、その使用していく塗料によっても違ってきますが、一般的に最も多く使用されているシリコン樹脂塗料でご説明すると、屋根塗装を行った年から数えて、おおよそ5年の周期で、次の屋根塗装の周期がやって来るとお考え下さい。

 

再び人間の体に当てはめてお話ししますが、やはり異常があったら早期発見、早期解決。

そして不健康にならない様にする為に、普段からうがいや手洗いなどの予防をしていくと同じで、屋根についても塗装などの定期的なメンテナンスを行っていく事によって、自然災害などで、多少の圧力が屋根に加わったとしても、びくともしない健全な健康状態が保たれていくと言う訳です。

 

 

屋根塗装を進める訪問販売員の提示した異常な金額が怖い

屋根や外壁など、他人からも見える箇所については、特に訪問販売が多い箇所にもなります。

そしてその中には、いい加減な事を口にしたり、べらぼうな金額を請求してくる様な悪徳業者もいます。

 

勿論金額に関しては、その地域の業者さんによっても多少の違いは出てくると思いますが、一応下記に、板金の屋根塗装に関しての適正金額を35坪前後の家で、屋根面積が150㎡の場合として紹介します。

塗装の種類 1㎡あたりの単価 屋根面積 目安の金額 目安の耐用年数
アクリル樹脂塗装 1,200円 150㎡ 180,000 3年前後~4年前後
シリコン樹脂塗装 1,500円 150㎡ 225,000 5年前後~7年前後
フッ素樹脂塗装 2,500円 150㎡ 375,000 10年前後~15年前後

 

塗装の種類を比べると言っても、建築に関しての知識をあまり持ち合わせていない方の場合だと、おそらく金額と塗装の耐用年数で比べる様な感じになると思います。

先ほどもお話ししましたが、その業者によって金額の多少の誤差は出て来ると思います。

あと、耐用年数についても、その年の気象状況や住宅を建築された場所の立地条件、その他に屋根の傾斜などによっても、多少の誤差は出てきます。

 

しかし、おおよそ上記の表の感じだと思っていただければ間違いはありません。

 

悪徳な訪問販売業者などの口から出まかせのトークや、べらぼうな金額に惑わされない様に、参考にして下さい。

 

 

唐草にも潜んでいる屋根の異常!腐食すると怖い事に

屋根の点検を行った時に、もう一か所気を付けて確認してほしい箇所があります。

 

屋根の板金には、屋根の傾斜によって雨水が流れ落ちる一番先端の部分に、唐草と呼ばれる箇所があります。

その唐草が釘で止められている下地の木材が腐食する事によって、唐草が浮いた状態になり、この時に台風などの強い風が屋根板金と下地の間に入り込み、屋根板金だけが風でめくり上げられてしまうと言う事があります。

先ほどもお話ししましたが、たまにテレビのニュースなどで見かける、屋根が剥がれてしまっている怖い映像。

あの映像が、大方この状態になります。

 

この唐草の下地の腐食についても、長年風雨にさらされる事によって起こる現象の一つですので、屋根の点検時には必ずチェックしていただきたいところになります。

 

 

屋根を見て来る悪徳業者は全てに於いて異常で怖い

先ほども少し触れましたが、訪問販売業者の中には、本当の悪徳業者というのも存在します。

そして多くの被害者は、お年寄りや女性の一人暮らしの家の方になります。

 

前の見出しでお話しした唐草についても、屋根に上って点検をした訳でもないのに、「お宅の屋根、台風が来たら危ないかも知れませんよ」など、あたかもと言う様な雰囲気で近づいて来る訳です。

もし、この様な感じで訪問販売業者の人が近づいて来たとしても、その人の話を信用してはいけません。

勿論、契約するなどは絶対に駄目です。

 

一番良いのは、外からの来訪者については、相手にしない、と言うのが一番良い方法です。

 

悪徳業者の人間は、相手を信用させる為に、あたかも自分は良い人でまともな事を言っている、と言う雰囲気で話してくると思いますが、そこが本当に怖いところです。

間違っても家の中に入れたりしてはいけません。

 

全ての訪問販売員が悪い人と言う訳ではないと思いますが、お年寄りだけのご家庭や、女性の一人暮らしの場合は、基本的には、外からの来訪者については相手にしない、と言うスタンスを取ってもらうのがベストだと言う事を、心の中に留めておく様にしましょう。

 

 

ここまで、屋根の異常は怖い、と言う事で、その対処法などについてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

まとめてみると、下記の5つ。

 

・屋根については、3年~5年の周期で点検依頼を!

・屋根の劣化を促進させない為に、定期的に屋根塗装などのメンテナンスの実施を!

・屋根塗装の、適正な金額を知る!

・定期的な点検で、唐草にも注意を配る!

・基本的に自分の家を見て来る、外からの来訪者は相手にしない!

 

上記の事をしっかり覚えていただいて、屋根の異常が発生しない様に、参考にして下さいね!

 

 

他の記事も読んでみて下さいね!

 

屋根塗装工事は耐用年数が重要|塗った方が良いのかな?って思った時

 

古しい流し台を新しく交換|子供が巣立ちやっと台所のリフォームを