リフォームで差し入れはいらない|工事をしている業者や職人の本当の気持ちは?

こんにちは、リフォ丸です。

家のリフォームを行うにあたって色んな問題が出てきますが
その中の一つに工事をしてくれる職人やその他の工事関係者の人たちに
差し入れはいるかいらないか?
という問題があります。

特に毎日3回訪れる
午前の10時とお昼の12時
そして午後の3時の一服時にはどうすればいいのでしょうか?

 

結論からお話しすると
一切気にする必要なく
普通にいつも通り生活してもらって大丈夫です。

リフォーム時の差し入れはいらない
という事です。

 

…とは言っても
一服の時にお茶やお菓子など差し入れした方が印象が良くなって
より一層気持ちを込めて上手な工事をしてくれるのでは?
という気持ちになってませんか?

 

 

リフォーム時に差し入れはいらないという理由は?

昔から家の工事をしてくれる大工さんなどには
必ずと言ってもいいほど休憩時にお茶やお菓子などを差し入れして
大工をたててあげないといけないという風習がありました。

 

しかし今現在はその様な風習はありません。

 

逆にあなただったらどうですか?

自分が普段しているお仕事でお客様の家に行く機会があって
10時が近づいてきてお茶を出されなかったとしても
そのお客様に対して手を抜いたサービスをしますか?

しませんよね。

 

それに休憩時にお茶を出されなくて
不機嫌な顔をしたり
横柄な態度を取ったりしたら
「嫌な人だぁ~」
と思われると思いませんか?

そしてあなたもそんな人を見たら同じく
嫌な気持ちになると思いませんか?

 

反対に職人たちの方からしても
自分たちの仕事にプライドを持っていて
やるべきことを分かっていて各現場に入っています。

よほど変な人間性の持ち主でない限り
差し入れがなかったから手を抜こう
なんて考えは思いついたりもしません。

 

確かに昔は大工の人間性をたてて
お茶などの差し入れは工事に付き物でした。

しかし時代が変わって
今は大工を始め
その他の職人や工事人たちは
必ず午前の10時と午後の3時に一服で
お昼の12時に昼食を取れないという事もざらにあります。

その日の工事の進み具合やお天気の都合などで
その時の状況に合わせて
自分たちでお茶を持参して休憩を取ります。

お昼や休憩時にお茶やお菓子が差し入れされて
それが毎日続くとなると逆に職人たちの方が
「気を使わせて何だか悪いなぁ…」
という気持ちになってきます。

 

さらにもう一つお話しすると
工事が終わるまで毎日休憩時を気にして
差し入れを出すとなると
あなたの方だって気が滅入ってしまいませんか?

 

もう一つおまけでお話しすると
差し入れを出されなかったから手抜きをしたりする人は
逆に差し入れをしても
その日の気分で手を抜いた工事をする人たちだという事です。

 

自分の家をリフォームしてもらっているからと言っても気を遣わず
いつも通りの生活をして
職人やその他の工事人たちにも
フランクな気持ちで接してあげる事が一番の方法です。

 

 

どうしても気になる時はたまに午前に一回だけ差し入れを

それでも毎日自分の家の為に
汗を流して工事してくれる職人たちを見ていて
どうしても気になる
という方もいらっしゃると思います。

 

毎日の差し入れが苦でない人はいいかもしれませんが
毎日になると流石に大変だけどやはり気になるという方は
たまに一日の内一回だけ
例えば月曜日と木曜日の午前の10時だけに差し入れするという感じで
あくまでもあなたが気疲れを起こさない程度で大丈夫です。

 

先ほどもお話ししましたが
差し入れを出されなかったからと言って手を抜いたり
いい加減な気持ちで工事を行う職人や工事人や現場監督だったら
仮に差し入れを出したとしても
その日の気分で工事をします。

 

職人や工事人に対して過剰なまでの気をつかわず
楽な気持ちで話しかけて
普段は見れない工事の風景を楽しんでみて下さい。

 

他の記事も楽しんで下さいね!

住宅ローンの借り換えと借り増しでリフォームの誰も知らない大技を伝授しよう

 

リフォーム業者の態度が気になる|家の工事は下手にお願いしなきゃいけないの?