クロス張替え時はコンセントカバーは外す|壁紙貼り替えは障害物無しで

こんにちは、リフォ丸です。

今回は、クロス張替えの時に絡んでくる出来事の一つの中で、コンセントカバーというものにフォーカスしてお話ししていきます。

 

部屋の中に一つか二つは必ず付いている、コンセントの差し込み。

クロス張替えの時はカバーを外した方が良いのでしょうか?

 

結論から先にお話しすると、外した方が良い、と言うのが答えになります。

 

というよりも、外さなければならない、と言った方が正解ですね。

 

そんな部屋の中には必ず付いているコンセントですが、こちらのページでは、コンセントカバーの外し方や、外す時の注意点などについてまとめていきたいと思います。

 

 

クロス張替えの時はコンセントカバーも必ず外す

クロス張替えの時にコンセントカバーを外すのは、仕上がりの見た目や収まりを良くする為です。

 

通常クロスの張替えを行う時は、コンセントカバーの外周に沿って張られていくのではなくて、コンセントカバーの内部の方まで張っていきます。

これが、コンセントカバーの外周に沿ってカットしながら張る形だと、長年の生活の中で、クロスが伸び縮みした時に隙間が出来てしまい、見た目が悪くなってしまいますし、もし何かのはずみでコンセントカバー自体を壊してしまった事によって、新しいコンセントカバーを付けようとした時に、同じタイプのコンセントカバーが無かったりすると、サイズ的にも違ってくるので、収まりが微妙な感じになってしまう訳です。

 

その様な事がない様にする為に、クロス張替え時にはカバーを外し、コンセントカバーの内部の方まで、しっかりとクロスを張っていく事が大切になってくる訳です。

 

 

クロス張替え時のコンセントカバーの外し方は超簡単!

クロス張替えの時は必ず外さなくてはならない、コンセントカバーの外し方を解説していきます。

下記の手順で簡単に外す事が出来る様になっています。

 

コンセントカバーの外し方

①初めにマイナスドライバーを用意して、コンセントカバーの外周に沿っている溝に差し込んで、手前に軽く引きます。そうすると、コンセントカバーを覆っているプレートが外れて、内部が見える様になります。

 

②内部が見える様になったら今度はプラスドライバーを用いて、コンセントカバー内部にある、カバーの枠を止めているビスを緩めて外していきます。この時に注意してほしいのが、あくまでもビスを緩めるのは、コンセントカバーの枠のビスです。一緒に見えるコンセントの差し込みのビスについては、緩めて外してしまっては駄目です。あくまでも外すのは、カバーの枠だけと言う事を頭の隅に入れておきましょう。

 

やり方は上記の2つだけで簡単です。

 

次に、コンセントカバーの取り付け方も解説していきます。

 

コンセントカバーの取り付け方

①初めに、コンセントカバーが外れて、コンセントの差込口が見えている状態で、コンセントの差し込みを覆う様に新しく張るクロスを被せます。

 

②次に、へらなどを使用してコンセントの差し込みに沿って、クロスの内の空気を抜き、たわみをなくします。

 

③コンセントの差し込みが収められている、石膏ボードの穴の形に沿って、クロスにカッターを入れていきます。

 

④最後に、コンセントカバーを取り外した時とは逆の順番で、コンセントカバーをビスで固定して完成です。

 

こちらも外した時に比べると、少しやる事が多くなりますが、簡単に取り付ける事が出来ます。

 

やり方を覚えると、素人の方でも簡単に出来ますので、DIYでクロス張替えを行ってみたいと言う方は、一度試してみて下さいね。

 

 

注意する点はココ!クロス張替え時のコンセントカバー

コンセントカバーを外す時、そして逆に取り付ける時に注意しなければならない事は、下記にあげる3点になります。

 

・コンセントカバーの取り外しや取り付けの際に、壊さない様にする

・ビスも外して分解すると言う様なイメージなので、ビズなどを含めて、細かい部品を無くさない様にする

・間違って、コンセントの差し込みを押さえてあるビスも、外してしまわない様にする

 

前の見出しでも少しお話ししましたが、破損させたり、紛失してしまったりすると、同じタイプのコンセントカバー自体が製造中止になっている可能性もあります。

そうなると、コンセントカバーを丸々交換しなければならない、と言う話になってきますので、もしご自分で外してみようと思った方は、上記の3点を頭の隅に置きながら外してみて下さいね。

 

 

今回は、クロス張替え時に於けるコンセントカバーと言うところにフォーカスしてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

クロスの張替えは場所によってですが、業者さんに依頼せず、DIY商品でご自分で張替えが出来る場合もあるリフォーム工事になってきます。

 

もしご自分でやってみる事に関心がおありの方は、ぜひ参考にしていただいて、素敵なクロス張り工事を楽しんでみて下さいね!

 

 

お時間のある時に、ぜひ他のページの方にも立ち寄ってみて下さいね!

 

シロアリが壁の中に住み着く!症状が出たら被害が出る前に駆除を!

 

クロス張替えは照明スイッチカバーも交換必要?知ると得する節約術