外壁塗装のきっかけは家の汚れが気になったというのが理由|必要性を確認した訳

外壁塗装のきっかけや必要性を感じた理由は10年たって色がくすんできたから

こんにちは、リフォ丸です。

長かった冬も終わり、ふと気づいた外壁の汚れ。

そう、家は建ててからそのままではなく、必ずリフォームの時期がやってきます。

では外壁に関しては、建築後何年くらいしたら外壁塗装などのリフォームを行うのが目安なのでしょうか?

 

答えは10年が目安です。

 

そして一度外壁塗装工事を行っている場合は、前回塗装時から数えてこれも10年が目安になります。

 

今回は、この住宅の外回りの鎧でもある外壁のリフォームの中で、外壁塗装についてお話ししていきます。

 

 

外壁塗装をきっかけがあり行う事になったが何でやる必要性があるの?

そもそも何で外壁塗装を行う必要性があるのでしょうか?

まずここからご説明します。

 

外壁塗装を行わなければならない理由や必要性は下記の2点になります。

 

①素地の保護

②劣化した色の復旧(見栄え)

 

この内、重要になってくるのが①の素地の保護になります。

 

例えばの話で想像してみて下さい。

 

あなたの載っている車が真っ赤な色をしている、カッコいいスポーツカーだったとします。

そして、何かの機械があって、この表面の真っ赤な色だけをべりべりべりと剝いでしまう事が出来たとします。

 

べりべりべり…(色を剝いでいる音)

 

すると表面の色だけ剥がされて、素地がむき出しの状態になりますよね。

 

どうですか?

 

素地がむき出しのままだと、すぐに酸性雨などの雨や風。

その他の外的要因に犯されてしまう訳です。

 

だから塗装というのは、色のデザイン性の事だけではなく、最も重要な役割が、素地を保護するために行われているものなのです。

 

一般的に住宅建築時に使用される外壁材と言うのは、この素地を保護するために工場で焼付塗装というものが施されています。

しかし焼付塗装が施されている塗装の塗膜と言うのは、一生ものではありません。

 

住宅建築後、長年の間雨や風などの外気に直接さらされている事によって、約10年を目途に劣化して素地を保護する力が無くなっていきます。

 

そして素地を保護する力が無くなると、外壁材と言うのは雨や風の影響を直接受ける様になってしまいます。

 

だから塗装…外壁においては、素地を保護する為に、外壁塗装と言うメンテナンスを行う必要がある訳です。

 

②の劣化した色の復旧については、見栄えの問題です。

10年を目途に劣化した塗膜と言うのは、チョークの粉の様な感じになっていきます。

当然、建築当初の色の様な感じではなくなってしまっていて、いかにも年数がたってきたなぁ、という風合いを醸し出す様になる訳です。

 

人間でも季節季節に合わせて新しい洋服を買ってお洒落を楽しみます。

車だって、購入後、10年たつと錆だって出てきますよね。

 

住宅の外壁もこれと同じです。

 

劣化した塗膜を外壁塗装で新しい塗膜にする事により、素地が保護されるだけでなく、新築当初の真新しい輝きを取り戻してくれる様になる訳です。

 

 

外壁塗装のきっかけやタイミングや時期的な目安、前回塗装時から何年?

外壁塗装のきっかけとなるタイミングですが、まず目安となるのは先ほどもお話しした通り、建築してから約10年後が一つの目安になります。

そしてこれも先ほどお話ししましたが、外壁の表面を指でなぞった時に、チョークの粉の様なものが付く様になったら、外壁塗装の時期が来たと言う一つのサインになります。

ちなみにこれが俗にいう、チョーキング現象と呼ばれているものになります。

 

その他に外壁材同士のつなぎ目やサッシ廻りに施工されている、コーキングの痩せや割れや隙間などが見受けられる様になってくるのを確認したら、これも外壁塗装の時期がやって来たという目安になります。

 

またその他に、その外壁材や住宅の立地条件などにより、通常よりも早めに劣化してしまう場合があります。

この場合はすでに外壁材の塗膜の効果が無くなり、外壁材の表面が水分を吸い込んでしまっている場合があります。

そして吸い込まれた水分は冬になると、冷気にさらされ外壁材の中で凍り付きます。

凍り付いた水分と言うのは体積が膨張する為、寒気と暖気の気温上がり下がりを繰り返している内に、外壁材の表面にクラックと呼ばれるひび割れが生じたり、ぶよぶよした感じの痛みを出す様になってきます。

 

これが凍害の影響と言います。

 

その様な箇所が見受けられる様になった時も、外壁塗装の時期がやって来たと言う目安になります。

 

また、住宅建築後に一度外壁塗装工事を行っている住宅の場合は、この場合も前回塗装時から10年後と言うのが一つの目安になってきます。

 

一度外壁塗装工事を行っている外壁材の場合は、先ほどお話ししたチョーキングやコーキングの劣化や凍害による影響の他にもう一つ、前回の外壁塗装で施した塗料の塗膜が剥がれている箇所を確認したら、これも再び外壁塗装の時期がやって来たという目安になります。

 

 

外壁塗装の他に屋根塗装や他の塗り替えの種類や金額は?

外壁塗装と一緒に行った方が良いとされる箇所については、まず一番最初にあげられるのは屋根塗装になります。

ちなみに屋根の他に破風や軒天なども一緒に行った方が良いです。

 

一般的には、外壁塗装を行う際の足場を利用して、屋根塗装や破風塗装や軒天塗装など、足場がないと塗れない箇所については、住宅の全面塗装という形で一緒に行うのが望ましいです。

 

また、この他に住宅建築時に一緒に建てた小屋などがある場合は、こちらも建物である限り、10年を目安に塗装時期に入っていきますので、同じタイミングで塗装工事を行ってメンテナンスをしてあげた方が良いでしょう。

 

その他に住宅建築時にスチール製のフェンスなどがある場合も同様に、このタイミングで塗装を施しメンテナンスをしてあげた方が良いでしょう。

 

塗り替えの種類についてはとてつもなく種類がありますが、主に一般住宅の塗装工事で使用されているものであれば、外壁材と屋根材の場合、10年前後が耐久年数とされるシリコン塗料、または15年前後~20年前後が耐久年数とされるフッ素樹脂塗料になります。

 

金額についてはその業者さんによって勿論変わってきますが、目安として外壁塗装をシリコン塗料で施工した場合は、1㎡あたり3,000円前後

住宅の外壁面積が150㎡の場合は、450,000円前後位が目安。

 

フッ素樹脂塗料で施工した場合は、1㎡あたり4,500円前後を目安にして、外壁面積が150㎡くらいの場合は、675,000円前後を一つの目安にして下さい。

 

屋根塗装についてはシリコン塗料の場合は、1㎡あたり1,500円前後を目安にして、屋根面積が120㎡前後の場合は180,000円前後。

 

フッ素樹脂塗料で施工の場合は、1㎡あたり2,500円前後を目安にしていただいて、屋根面積が120㎡前後の場合は300,000円前後を一つの目安にして下さい。

 

 

外壁塗装をきっかけにコーキングの割れ、剥がれや切れ、クラックをご自身で

前述した通り、外壁塗装で使っていく塗料の種類によっても金額が変わってきます。

そして外壁塗装を施す既存外壁材の様子や面積などによっては、とても高額になる事も考えられます。

 

そこで思いつくのが、「自分で外壁塗装って出来ないだろうか?」という事。

 

結論からお話ししますが、外壁塗装工事の場合は、ご自分での施工はあまりお勧めしません。

 

何故なら、何年…または何十年やってきている本職の職人さんでも、今までご説明してきた既存外壁材の痛みを発見出来なかったり、時には見やまったりしてしまう場合があります。

 

そして一般住宅の外壁や屋根の塗装と言うのは、高いところに登っての作業になる為、通常は足場が必要になります。

 

「自分でも塗れるかも知れない…」と思ってやりだしたところ、足を踏み外してしまう様な事があると、それこそ大きな事故に繋がってしまいます。

 

しかし、ホームセンターなどに出向けば、DIY用の塗料も数多く販売されていて、お店のスタッフさんに外壁塗装工事のやり方を聞くと、丁寧に教えてくれると思います。

 

もし、どうしても「一度自分でも塗ってみたい」と言うお気持ちの方が大きい場合は、手始めに平屋の小屋などがありましたら、そちらで試し塗りを施してみると同時に、コーキングの割れや切れ、塗料の剥がれやクラック(ひび割れ)の補修なども行ってみると、住宅の外壁塗装をご自分で行えるものかと言うのが、感覚的にお分かりになっていただけると思います。

 

 

外壁塗装をきっかけにのまとめ

以上、外壁塗装工事について、工事をする事になるきっかけやタイミング。

そして塗り替えの種類や金額などについて順番にお話ししてきました。

 

外壁塗装や屋根塗装を施さなくても、すぐに外壁が剥がれたりとか、屋根から雨漏りがしてくると言う訳ではありません。

 

しかし、外壁塗装などのメンテナンスを施してあげないと、凍害などの被害にあって、いざメンテナンスをしようと思った時には塗装工事ではなく、外壁の張替え工事をしなければならない、と言う事態になってしまかも知れません。

 

10年前は、家族みんなの夢を乗せて建築した我が家です。

 

長年外気にさらされて傷んでいくのは仕方がありません。

 

そして、人間が季節によってお洒落をすると同じで、外壁も塗装工事でメンテナンスをしてあげると、再び新築時の様な輝きを取り戻してくれます。

 

長々とお話ししてきましたが、外壁塗装工事をお考えの方はぜひ参考にしていただいて、上手な外壁塗装のきっかけにしていただけると嬉しく思います。

 

他の記事も読んでみて下さいね!

火災保険で水増し請求は有効?|リフォームで損しない秘訣を大公開

 

外壁塗装の決め手は業者や価格?選び方と絞り方で価格と相場が丸分かり