リフォームの築年数から数えての平均は?適切時期が一目で丸分かり

こんにちは、リフォ丸です。

家の新築時から数年…

ふと気づいたお風呂の汚れ。

 

毎日使っているから気づかなかったけど、だいぶ傷んできたなぁ…

 

こんな風に思われる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はリフォームは築年数から数えると平均的にどの位でやってくるのか?についてお話ししていきます。

 

結論からお話しすると答えは10年~20年の間になります。

ただこれはこの10年~20年の間に様々なリフォームを行った方が良いという事ではなくて、この期間に住宅の各部署ごとにメンテナンスを行った方が良いですよ、と言う意味です。

 

 

リフォームを築年数から数えた平均で最初に行う箇所は?

先ほどもお話しした通り10年~20年の間と言うのはあくまでも、この期間がリフォームの目安ですよという意味で、必ずこの期間に行わなければならないという事ではありません。

 

しかしやはり新築時から10年以上経過してくると色んな箇所が痛んでくるのも確かな事。

家を建ててから10年たったからと言って、家全体をリフォーム、または、解体して再び新築なんて事は出来るはずもありません。

 

では家のリフォームで10年を超えた時に行った方が良い箇所について順番にお話ししていきたいと思います。

 

まずは下記の表を参照して下さい。

 

箇所 新築時からのおおよそのリフォーム時期
外壁と屋根 10年前後~15年前後
お風呂、キッチン、トイレなどの水廻り 10年前後~15年前後
ボイラー、電気温水器などの設備機器 10年前後~15年前後
フローリングなどの床材 10年前後~20年前後

 

上の表は住宅を構成している箇所で、新築してから10年前後を迎えた時に、リフォームなどのメンテナンスを行った方が良いとされている箇所を並べたものです。

最初にメンテナンスをした方が良い箇所が①の外壁と屋根で、以下順番通り水廻り、ボイラーなどの設備機器、フローリングと言う順番とお考え下さい。

それでは順番にご説明していきます。

 

 

外壁と屋根

外壁と屋根については新築してから常に外気や雨や風にさらされている部分です。

家の室内は雨風が直接あたる事はないと思います。

そう言った意味では外壁や屋根、その他破風や軒天などの住宅外回りと言うのは、一番初めにあなたたち家族の事を守ってくれている箇所になります。

放置すればした年数だけ雨漏りしてくる可能性も出てくる場合がある為、住宅を構成している箇所の中では、他の箇所と違って早めにリフォームしてメンテナンスをした方が良い部分になります。

 

 

タイル張のお風呂

水回りは室内にありますが、毎日家族全員が使っていくという点では、外壁や屋根と同じで年数をおうごとに劣化していきます。

特に壊れやすい部分はお風呂、キッチン、トイレいづれも水栓になります。

当然水栓を回さなければ水もお湯も出ませんので、使えば使った分だけ傷んでいくと言う事になります。

その他システムキッチンでは収納。

トイレでは便座。

これらも水栓同様に毎日家族で使っていく事になりますので、10年を迎えるあたりから、リフォーム時期が近づいて来ているという事を知っておくといいでしょう。

 

 

ボイラーや電気温水器などの設備

この設備関係に関しては使用頻度にもよりますが、家の中で家族が生活していく以上、毎日使っていく事になると思います。

大方の設備機器の場合の耐久年数の方が、使い始めてから10年と言われていますので、新築時から10年が近づいてきたら交換時期が来るという風に覚えておいた方が良いでしょう。

 

 

フローリング

フローリングについては住宅建築時から家族全員が歩き回る場所になります。

そういう意味で、10年を迎える頃にはフローリング材の表面もすり切れた様な感じや、場合によっては剥がれてくる場合もあります。

住宅の躯体に直接害を与える様な可能性は少ないですが、いつも目に入る箇所なので見た目と言う点では、10年~20年の間に張替えの時期がやって来るという事を頭に入れておいた方がいいでしょう。

 

上記で①~④までを箇所別にご説明しましたが、それ以外の箇所…

 

例えば壁クロスや天井クロス、そして玄関ドア…

数えていくとその他にもたくさん出てきますが、とりあえず上記であげた①~④の箇所以外は何かあってもすぐに躯体に影響を与える可能性は少ないです。

まず①~④でご説明した箇所については、おおよそ10年~20年の間にはリフォーム時期がやって来るものだと思っていただいて、実際にやって来るリフォームの時の参考にして下さい。

 

 

実際にリフォームをする時はどんな方法が?

それでは前の見出しであげた①~④ですが、実際にリフォーム時期がやってきたら、どの様なリフォームの方法があるのかをお話ししていきます。

 

 

外壁と屋根のリフォーム方法

外壁については塗装か張替え、そして重ね張り(二重壁)というのがあります。

 

外壁塗装

住宅塗装用の塗料を用いて塗装工事でリフォームしていく。

 

外壁材の張替え

既存の外壁材を解体して、もう一度新しい外壁材で壁を作っていく。

 

二重壁

既存の外壁材の上に胴縁という木材で空気層を作り、その上に新しい外壁材を張り付けて施工していく。

 

屋根については塗装か葺き替えという工事になります。

屋根塗装

外壁塗装と同様に住宅用の塗料で屋根全体を塗装していく。

 

屋根板金の吹き替え

既存の屋根板金を解体して、新しい屋根板金を葺き直して施工していく。

 

 

お風呂やキッチンやトイレなどの水廻り

お風呂やキッチンやトイレについては下記の通りになります。

 

お風呂

タイル目地の補修、水栓の交換、またはユニットバスへの切り替え。

 

キッチン

水栓の交換、またはシステムキッチンの交換。

 

トイレ

便座の交換、または便器自体の交換。

 

 

ボイラーや電気温水器などの設備

ボイラーや電気温水器などの設備機器については、基本的に使用していて不具合を感じた時に手を付けていく形になりますので、10年~15年を迎える頃には、殆どの場合新しいボイラーや電気温水器などへの交換が必要になります。

 

 

フローリング

フローリングについては下記の2つになります。

 

フローリング材の張替え

対象になる部屋の既存のフローリング材を剥がして、新しいフローリング材を施工していきます。

 

フローリング材の部分張替え

部屋の中全体のフローリング材を張り替えるのではなく、傷んでいる箇所だけを剥がして、そして新しいフローリング材を敷いて補修していきます。

 

 

リフォームを築年数順でやっていくと平均いくらの予算?

それでは今度はリフォーム項目別に、おおよそかかる予算についてお話ししていきます。

 

下記の表をご覧ください。

 

工事項目 おおよそのリフォーム工事額(目安) 工事規模のおおよその範囲
外壁塗装 100万円前後~180万円前後 壁面積150㎡~200㎡程度
外壁の張替え 200万円前後~300万円前後 壁面積150㎡~200㎡程度
二重壁 180万円前後~300万円前後 壁面積150㎡~200㎡程度
屋根塗装 20万円前後~30万円前後 屋根面積160㎡~200㎡程度
屋根板金の葺き替え 100万円前後~160万円前後 屋根面積160㎡~200㎡程度
お風呂のタイル目地補修 15,000円前後~30,000円前後 補修内容によって変わってくる
お風呂水栓の交換 50,000万円前後~80,000万円前後 交換する水栓によって変わってくる
ユニットバスへの交換 80万円前後~200万円前後 ユニットバスの仕様によって変わってくる
キッチン水栓の交換 50,000円前後~80,000万円前後 交換する水栓によって変わってくる
システムキッチンの交換 80万円前後~200万円前後 システムキッチンの仕様によって変わってくる
トイレの便座の交換 30,000円前後~80,000円前後 便座の種類のよって変わってくる
トイレの便器の交換 15万円前後~25万円前後 便器の種類によって変わってくる

 

 

各工事項目ごとに紹介しましたが、今お話しした金額については基本的に交換する商品やその現場の状況によって変わってきます。

しかしおおよそ上記の通りとお考えになって一つの目安にして参考にして下さい。

 

住宅の建築も終わり、今度は年数を追うごとに家族の思い出が増えていきます。

しかしそれと同時にリフォームへの階段を登っていく事になります。

10年を過ぎたら必ず何処のご家庭でも行うという訳ではありませんが、リフォームをしてしっかりメンテナンスを行ってあげると、やはり住宅も長持ちします。

 

今回の記事を、いずれやって来るリフォーム時期の参考にしていただけると嬉しいです。

 

他の記事にも立ち寄ってみて下さいね!

建設業許可なし業者からリフォーム工事をしてもらったけど大丈夫?

 

雨樋修理に足場は必要?そもそも役割や注意点や費用はいくら位なの